【新年あけましておめでとうございます!!!東西金杯】1月5日明瑞新山予想

こんばんは、明瑞新山です。


早いもので、もう正月が終わってしまいました。
ほとんどの社会人が仕事初めを済ませた頃でしょうね。
株の世界では大発会が終わり、マグロの初競りも終わり。
競馬の世界では明日、正月競馬が行われます。

例年、内しか伸びない(内が伸びすぎる?)異常な馬場の京都に、ボロボロになった中山コースで行われる金杯。
予想は単純なようで難しいですが、新年一発目、気持ちよく当てて乾杯といきたいところです。




京都11R
京都金杯(G3)


メンバーを見渡すと、先行馬こそ多いが、押して行く逃げ馬は不在。
強いて言えばバッドボーイが該当するくらいか。
スローペースにはなるかもしれないが、ミドルに近いスローだろう。
内目を先行できる馬か、内ラチ沿いを鋭伸できる馬は評価2割増で考えても良いかもしれない。


本命はトーセンスターダム。
この馬特有の腰の甘さと飛びの大きさのせいで、活躍できる競馬場が限定され、京都の成績が(4.0.0.2)と、飛び抜けて良い。
2度の着外は菊花賞とマイルCS。ともにGIで8着と7着ならこのメンバーでも大威張りできる実績だ。
京都4勝の内訳も重賞のきさらぎ賞とOP特別のカシオペアSを含んでのもの。
ここでは実績が違いすぎる。
近走板に付いてきた先行策からあっさりまである。

活躍できる競馬場が限られていると記したが、3歳秋以降は腰の甘さがかなり解消され、京都以外の成績も急上昇。
安定したパフォーマンスを発揮できるようになっている。
昨年の毎日王冠では一番良い競馬をしていたし、阪神のチャレンジカップも制し、豪州のGI2着。
馬体もパワーアップしている証拠だ。
やはりこの馬を不動の軸に据える。


対抗にウインプリメーラ。
カシオペアSではトーセンスターダムに完敗したが、それまでの数戦の内容が秀逸。
ハイライトはスローペースを先行し、上がり33.2で後続を一蹴したパールS。
本来はスローの瞬発力勝負でこそ持ち味が活きる馬だが、マーメイドSと小倉記念の2戦を先行馬壊滅の中粘り通したことで、鞍上が良い脚を長く使ってこその馬と勘違いした模様。
秋は早めに動いて押し切ろうとするようなレース振りで良いところなく惨敗。
ここスロー濃厚の中、好位でしっかりと溜めればビッグチャンスは巡ってくる。


3番手にダイワマッジョーレ。
前走も高く評価したが、謎の後方ポツン策。
何をするのかと思って見ていたら、直線では外に進路を取りに行くもスピードに乗りかけた時に挟まれる意味不明な騎乗。
朝日杯のタイセイサミットのリプレイを見ているようだなーと思って騎手をみるとアッゼニ騎手。
うん、自らのクソ騎乗の再現リプレイありがとうございますといった感じか。
最後は猛加速して前に迫るも時すでに遅し。
人気もそれほどないので積極的に狙ってみたい。


以下、先行馬を中心にチョイス。


スローのG2で3着の実績オメガヴェンデッタ
金杯2年連続連対中エキストラエンド
大穴タガノエスプレッソ


までを押さえて馬連で。


馬連
16~7.9.11.12.15(各20%)




中山11R
中山金杯(G3)


こちらも確固たる逃げ馬不在のレース。
一応、ほんの2カ月前までは逃げにこだわっていた馬がいるが、もはや逃げるスピードがないので論外。


ここの本命はあっさり決まった。
ヤマカツエースだ。
短距離中心の3歳春から徐々に距離を伸ばし、前走で古馬相手に重賞制覇。
破ったミトラが次走金鯱賞を楽勝しており、相手が弱かったわけでもない。
自ら動いて勝ちに行ったレースは強いの一言だし、ここは先行馬がいない絶好のメンバー構成。
スピリッツミノルに行く気があるなら行かして、2番手から悠々とレースを組み立てられる。


レースそのものはスロー濃厚。
相手には瞬発力に秀でた馬をチョイスしたい。


福島の準OP勝ちの内容が良かったバロンドゥフォール
ダービー3着のマイネルフロスト
キャリア5勝全て中山で挙げているライズトゥフェイム
最速上がり連発のロンギングダンサー
クラシックでも活躍したブライトエンブレム


以上を押さえる。


馬連
5~1.6.7.12.14(各20%)


なお、人気のフルーキーは

・父リダウツチョイスの産駒が日本で2000m以上で勝ったことがない(2着も1度だけ)こと
・エプソムカップでもチャレンジカップでもラスト脚が上がっていたこと

を考慮して距離不安があるとみなし消し評価とする。