1月10日うまうまジェントル氏予想【シンザン記念】

どうも、こんにちは



うまうまジェントル氏です






新年明けましておめでとうございます




例年通り金杯はお休み・・・あの馬場でハンデ戦買うのは正直リスク高い
ですからね






昨年の競馬はいかがだったでしょうか?



私はと言いますと、ここをご覧の皆さんにはご周知のとおり、1年を通して
130%を超える回収率を叩き出せました





大体の目標が110%なので、昨年は例年よりも回収率が上ブレした感じですね




競馬はパチスロと違って明確な期待値がないので、高い回収率を出すのは
別に問題なし
※パチスロだと、年単位で儲けが跳ねちゃうと
 翌年の期待値の収束が怖いです(笑)



3年もこんなことやっているうちに私自身の競馬の腕が向上した可能性も
微レ存?ってところですかね



個人的な勝因としては、提供する予想を重賞1Rのみに絞ったことじゃないか
と思っています





平場予想も提供していた時は、何だかんだで自分なりに自信のあるレースを
予想していたのですが、結局my自信度なんて何の根拠もないゴミみたいな
ファクターだったってことですね




新聞や競馬サイトで資料や調教がよりよく見えて、予想のファクターが多い
メインレースの方が色々と予想の幅が広がるのは間違いないですし、
メインレースの方が総合的な賭け金が多い以上、オッズのブレも少ないです
からね




提供レースが一週間に2Rから1Rに減った?じゃあその1Rに倍賭けましょうよ




競馬はパチンコと違ってそれが出来るんです





とりあえず今年の目標としては、昨年からちょくちょく言っているサイトの
拡大


そして、昨年から続く3年連続のプラス収支ですかね




とりあえず、Amebaブログは記事が度々削除されて予想どころじゃなかった
ので止めます(笑)





どこでこの溢れるパッションを発散させるかは今考え中



最近はYou tubeとかで若い競馬ファンが楽しそうに予想ごっこしてたりしま
すけど、あぁいうところに私達みたいなガチの競馬屋が予想したり馬の話し
たりするのはどうなんですかね?




メンタル弱いので負けが込んだら私なんかは耐えられそうにないですけど・・・




元々私は馬券寄りの人間ではなくて、競馬楽しい!血統大好き!昔の馬ロマン!
って感じの競馬ファンだったはずなんですけどね




同年代で俺より競馬詳しい奴いる?いいよこいよ・・・


くらいの気持ちで競馬を楽しんでいたはずなんですが・・・




何でここ数年こんなガチの予想をするようになったかは、自分でも思い出せませんw





ただ、どうせ馬券買うなら勝った方がいいよね、お金勿体無いもんね的な発想
だったような気がします




今年も昨年同様年間通して安定した勝ちを提供していきたいですね











それでは今週の予想です





有馬記念の回顧?リアファル故障したし・・・うん、それはいいやw
さすがロベルトってとこです、はい



どうぞよろしくです






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





1月10日(日)







京都11R        シンザン記念








まずはこの時期の京都といえば馬場の確認から




金杯の日、昨日と案の定糞のような前残り馬場




大逃げかました馬が逃げ切ったり、人気薄の馬がギリギリまで粘って
人気馬が何とか差しきるとかいうレースが目立つ




唯一後方からの捲くりで楽勝できたレッドアヴァンセは3戦続いて単勝
1倍台の未勝利馬






いつもどおりの1月の京都と言った感じだ





短距離でない分幾分かマシではあろうが、それでも前に行って速さと切れの
ある馬を買うのが定石であろう






本命はもちろんピースマインド





1勝馬の身であるが前々走、前走と重賞クラスの時計はきっちり出してきた




リオンディーズに唯一抵抗した新馬戦、暴力的な逃げで後続に影を踏ませな
かった未勝利戦




正直、新馬のラスト1fのラップで重賞挑戦に疑問の残るラルク


相変わらず馬体重が鍵、今回も軽い調教で後方から競馬を余儀なくされる
ダイワメジャー産駒のアストラエンブレム


クラス上げで適応に疑問符が残る2勝馬ゼロのヴィクトワールピサ産駒ジュエラー




どれかを買えと言われたら、一番傷の少ないジュエラーを買うかもしれないが





適性、脚質、能力と全てに置いて合格点をたたき出しているピースマインドの
抑えで買うのかと言われれば、さすがの私でも躊躇する







唯一抑えとして使えそうな馬が、上記のレッドアヴァンセに5馬身つけて未勝利を
快勝してきたショウナンアヴィド



多頭数の大外に入ったのは良い材料とはいえないが、それでも抑える価値は
あると思う








時計も、阪神未勝利のマイルというなら及第点



同じ逃げ馬のラルクと比べると、京都阪神の差があるのを考慮したら
やはり、600から動いたレースで11秒台前半を阪神で2回・・・最後も11.8で
まとめたショウナンアヴィドの未勝利はやはり優秀


ラルクはより遅い流れで動き始めたのは内回りらしくラスト2f


にも拘らず最後で時計を落とした





個人的にはショウナンアヴィドが逃げて4角で離す競馬


それを2馬身くらい後ろから直線追いかけるラルクとピースマインド


と言うのが理想だろうか



この馬は元々左回りの中京でデビューし2着、その後右回りのレースで内にもたれ
たり、操縦が利かず馬群の中で沈黙したりで出世が遅れた馬




上手くラチを頼って逃げた前走はまさに圧巻の競馬だった




前走のアヴィドは、ラチがない合流地点では一切手綱を押さず、ラチが見えて
追い出したとき、馬がふらついたと同時に岩田騎手の鞭の持ち替えも確認して
いる



以上のことから、この馬に関しては4角先頭内ラチ沿いというのがほぼほぼ予想
出来るため、今の馬場だと推さざるを得ないといったところか




逆に、これに合致しない条件で4角を回った場合は、ほぼほぼ馬券には絡まない
だろう








ピースマインド        7,500円
ショウナンアヴィド      2,500円