チューリップ賞展望 よすーけ氏

当記事は「こやぶ厩舎メルマガ #424【重賞展望】」として無料会員さまにお送りしたものです。

無料メルマガをご希望の方は

「無料メルマガ希望」と書いて

teamkoyabu@gmail.com

までご一報ください。


チューリップ賞 展望

阪神3日目、芝Aのマイル戦。3着馬まで桜花賞の優先出走権が与えられる。外回りコースながら、開催が浅いこともあり、突出した馬以外は追い込みは決まりづらい傾向にある。
なお、本日も雨です。。
大きい勝負は避けましょう。。

有力馬を見ていく。

クルミナル池添騎手が1人気。桜花賞へ直行予定だったが、変更してこちらへ参戦。デビュー戦→中1週→中3週とタイトなローテーションだが、これは調子がいいため繰り上げ出走になったという経緯があるので、さほど割引は必要ないと見る。JF組2頭+ロカに続いて4人気あたりかと見ていたが、1人気とは…。2戦ともスローの上がり勝負だったため、重たい馬場やスタミナ勝負になった時に疑問点が残る。そしてVTRをよく見てみると、2戦ともゲートを失敗している。これがどう出るか。内枠は経験済みなので、馬群に揉まれるのは問題ない。今回も出たなりの位置から早めに先頭を窺う競馬になるだろう。

レッツゴードンキ岩田騎手が2人気。距離コース問わず結果を出しており、休み明けの今回も仕上がりは上々。賞金は足りているため圏外でも問題ないが、能力は最上位と見ている。勝負所で置かれ気味になるので、馬場が綺麗なうちはやや割引。渋ってくればプラスに働くと見る。桜花賞でこそ狙いたい馬。

ロカとMデム騎手が3人気。前走は相手大本線に据えたが惜しくもクビ差3着に敗れ涙を呑んだ(私が)。叩いて順当に良化しているが、手前の替え方が相変わらず下手なことと、大トビのため一度ブレーキをかけると巻き返しが利かない点が気掛かり。

ブチコと武豊騎手が4人気。ダートでは目の覚めるような競馬を見せたが、芝では未勝利馬の末脚すら凌げずに5・2・4着と結果を出せていないのが現実。今回は十中八九逃げの手に出ると見る。武豊騎手が逃げるとペースが一定になるため、極端な上がり勝負にならない。ここが今回のポイント。

ココロノアイと横山典騎手が5人気。4戦とも鋭い脚を使っているが、すべてゲートミスあり。気性難でもあり、軸には非常に据えづらい。アルテミスSのように途中で脚を使っても最後まで踏ん張れるので、持続力はかなりのもの。休み明けの今回も力は出せる状態にあるが、果たして。

アンドリエッテと川田騎手が6人気。前走は長距離輸送で大きく馬体を減らしながらも、大外を回って上位馬と差のない競馬をしてみせた。未勝利突破が阪神マイルだったが、この時の伸び脚が本来の姿だろう。今回も馬体を気にせず強めに追っており、桜花賞出走への意気込みが窺える。内でロスなく運べるのはいいが、徐々に加速していくタイプなので、枠は真ん中が理想ではあった。
展開だが、ブチコが引っ張る展開なら33秒台の上がり勝負にはならない。ましてや馬場が渋ってくればなおさら。今回は、出負けしたり後方からの追い込みは決まらないと見ていい。
中団より前の馬を重点的に狙いたい。

以上をチューリップ賞の展望といたします。

馬券を買われる方はかっこいい買い目を組んでくださいね!
雨になったら大きい勝負はなさらぬように…。

では、また明日!

 

こやぶ厩舎管理人 よすーけ